2020.12.18
Vol 3

サルボ恭子さんの骨つき鶏もも肉と豆の煮込み

家族や友人と、食卓を囲んで語らう間、調理はミーレのオーブンにおまかせ。出来立て熱々の登場に、歓声が上がること間違いなしの贅沢なメイン料理。突然のおもてなしにも活躍しそうなオーブンレシピです。
「材料を耐熱容器に入れ、あとはオーブンで焼くだけ。ひよこ豆は缶詰を利用しているので、手軽で時短なのに、贅沢なひと皿です(サルボ恭子さん)」。

SHARE THIS PAGE
サルボ恭子さんプロフィール画像
サルボ恭子さん
東京生まれ。老舗旅館の長女として生まれ、料理家の叔母に師事した後に渡仏。 パリ有数のホテル「オテル・ド・クリヨン」に勤務。帰国後、料理研究家のアシスタントを経て独立。 料理教室を主宰し雑誌や書籍でも活躍。
Instagram
@kyokosalbo
 調理機器 :
オーブン
 調理時間 :
オーブンに入れるまで 10分 ➡ オーブン(熱風加熱プラス)   200℃ 50分

材料 [4人分]

  • 骨つき鶏もも肉…4本(1本212g)
  • 塩…小さじ1強
  • ひよこ豆(缶詰)…2缶(1缶固形227g)
  • セロリ(葉の部分も使う/みじん切り)…1本(120g)
  • ドライトマト(粗みじん切り)…4枚分(12g)
  • ローリエ…4枚
  • こしょう…適量

作り方

  • 1
    鶏もも肉は皮目にまんべんなく塩をすり込み、10分ほどおく。
  • 2
    耐熱容器に豆を缶汁ごと入れ、セロリとドライトマトを加えて混ぜ、 1の鶏肉を皮目を上にして並べ、ローリエを散らす。
  • 3
    200℃に予熱したオーブンに50分入れ、 鶏肉の皮目がこんがりとして汁が煮詰まるまで焼く。 煮汁の味をみて足りなければ塩(分量外)で整え、こしょうをふる。

ミーレの電気オーブンとは

ミーレには電気オーブン、電子レンジ機能付きオーブン、そしてスチームオーブンの3種類があります。 電気オーブンは鍋やフライパンもそのまま入る76Lの大容量。食材を蒸気で包み込みこむことにより、パンの外は香ばしく中はふんわりと、肉料理はジューシーに美味しく焼き上がります。 最新 Generation 7000 シリーズは、専用アプリから庫内カメラで焼き具合を確認できたり、過加熱を防ぐ機能など、いつでも理想的な仕上がりになる革新的な技術を多数搭載。 つくる楽しさや、おいしさの幅が一層広がります。
ミーレの電気オーブン

SHARE THIS PAGE

  • LINE