筑前煮
2021.12.27

筑前煮

九州北部地方の代表的な郷土料理の『筑前煮』のご紹介です。全国的にも定番のおせち料理ではないでしょうか。「お煮しめ」とも呼ばれることもあるそうです。

煮物をオーブンで?と驚かれる方も多いのではないでしょうか。
実はオーブンは煮物料理にも大活躍。お鍋の中で対流が起こらないので煮崩れを防げます。
調理はオーブンにお任せてずっと見ていなくともOK!その間に他の作業が進められるのも便利です。

SHARE THIS PAGE
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
筑前煮

材料

筑前煮 の材料
鶏もも肉
200g
干し椎茸
3枚
こんにゃく
100g
蓮根
100g
ごぼう
100g
にんじん
80g
里芋
150g
絹さや
▼味付け調味料
干し椎茸戻し汁
100ml
醤油
大さじ3
大さじ2
みりん
大さじ2
砂糖
大さじ2

作り方

調理機器 :
オーブン
  • 1

    調理する前日に干し椎茸を200mlぐらいの水に入れ、冷蔵庫で戻しておく。翌日になったら椎茸を取り出し、出汁と分けておく。

  • 2

    鶏もも肉・椎茸(戻し終えたもの)・こんにゃく・蓮根・ごほう・にんじん・里芋を大き目の一口大にカットしておく。絹さやはヘタと筋をとっておく。

  • 3

    オーブンを、熱風加熱プラス180℃で予熱スタートしておく。

  • 4

    オーブン対応の鍋に油を軽く引き、鶏もも肉を炒める。色が変わってきたら絹さや以外の材料をすべて投入し、炒める。鶏もも肉の色が変わったら、鍋に<味付け調味料>を入れ、一度軽く沸騰させ、灰汁が出たら取り除く。

    鶏肉を焼いているところ
    調味料をいれているところ
    煮立たせているところ

  • 5

    鍋に蓋をし、予熱が終わったオーブンに入れ、調理時間を30分で設定する。同時に、キッチンタイマーも15分で設定する。絹さやを軽く茹で、茹で終わったら冷水で色止めをしておく。

    鍋をオーブンに入れているところ

  • 6

    キッチンタイマーが15分後にお知らせをしてきてくれたら、蓋を取り、一度全体をかき混ぜ、残りの15分間は蓋なしで調理をする。時々様子を見てかき混ぜる。

    蓋を取ってかき混ぜているところ

  • 7

    冷まして器に盛りつけ、絹さやを散らす。

    完成イメージ

関連レシピ

SHARE THIS PAGE

  • LINE